集団ストーカー・電磁波犯罪撲滅目指して!

集団ストーカー電磁波被害者が急増する中、メディアにはまだ浸透しない。自分達で動かなければ始まらない!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方位磁石フィールド調査1000か所(参加者募集/調査方法)

都知事選候補杉田氏提案、「フィールド調査1000か所(方位磁石/トリフィードメーター)」を使い調査します。

今年都知事選に立候補された杉田氏も被害者です。

今回のフィールド調査は、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク、集団ストーカー被害者ネットワーク、被害者有志が参加しています。
皆が一つの調査をするというのは初の試みですが、全国に800人以上被害者報告があるならば、自分の為に是非参加して下さい。

尚、今回の調査費用は100円ショップに売られている物を使用!
自宅及び周辺を調査だけでも十分検証になります。


検証ボード
見本、私が使用している検証ボードです。
9個の方位磁石、コルクボードは100円ショップで購入、自宅にて撮影しましたが、方位磁石の方向がバラバラです。


6月12日検証チームに参加、自身会社近辺を調査することになりました。
自宅付近は5月に被害者有志方に調査して頂いた際、半径300メートルを調査とあるマンション付近から直線状に電磁波測定器のレベルが高い状態が分かり、後日調査することになりました。
今回は会社近辺ですが、付近を通ると常に頭が重くなる場所でしたが測定した結果、ある交差点地域が白血病の恐れがあるといわれる4G以上のレベルを計測、その他チーム皆が違和感を感じる場所もありましたが測定器には反応は出ませんでしたが、周波数帯の違う機材を使い後日調査予定の対象になりました。


検証1

駅近く駐車場、検証ボード、地図はすべて北方向に向けていますが、メジャーを置くと右検証ボードが並行でないことが分かります。


検証2

マンションに備えられている花壇、測定器、計測ボード反応あり。


検証3

電柱、測定器に反応あり。


検証4

この地域は最も測定器レベルが高いが、検証ボードは反応なし
しかしこの地域は電柱に付けなくても高いレベルをさした。

このように撮影して記録用紙に記入して下さい。



            「 調 査 方 法 」          
1. 調査の目的                     
 ① 電磁波被害の実態を可視化し、捕捉する。     ② 科学的・統計的手法を導入する。    ③ 分析し、対策に活かす。   ④ 一般の方への認知活動に活用する。     
2. 調査で分かること                     
 ① 磁界や磁場の異常。   ② 健康被害や電化製品の誤作動の原因。     ③ 地域的な連関。   ④ 異常な磁界や磁場の状況や傾向。  ( 周波帯と指向性 )      
3. 調査の方法                     
 ① 調査する場所を選択する。                     
 ② 各ポイントで、「測定ボード」を使用し、磁場や磁界の状況を確認する。                    
 ③ 磁針が安定したら、写真を撮影する。 (いつまでも制止しない場合は、振れ幅等、状況を「備考」欄に記載する。)                    
 ④ 「記録用紙」に必要事項を記載する。 (別紙<記載例>をご参照ください。)                    
 ⑤ 必要な場合は、計測器を使用し、強度の測定を実施し、記録する。                    
 ※ 全体として、後日、結果の検証が可能な方法で、調査を実施します。                    
4. 注意事項                     
 ① 調査する場所について                    
  1) 普段、“被害や異常を感じている場所を中心に”、周辺を含め、選択する。                   
  2) 調査中、異常を感じた場所について、確認する。                   
  3) 調査中、異常を発見した場所について、周辺を調査する。                   
  4) 上記以外の場合では、原則として、下記の点に、注意をする。                   
  ◇  計測上の条件について                   
   ・  磁性を帯びやすい鉄製品(スチールデスク、鉄パイプ椅子、等)の傍では、原則として、計測は行わない。                  
   ・  電波を発するもの(携帯電話等)の傍では、原則として、計測は行わない。                  
   ・  ステンレス製品についても、金属類が多く含まれている物については、影響が出るので注意する。                  
   ・  モーターやコイルが使用されている機械類や機器類は、影響が出るので注意する。                  
   ・  計測する高さや、方向に対して、工夫が必要です。 電磁波は、必ずしも、水平方向のみではありません。 (ex.下方向から。)                  
   ※  磁針の異常と、計測器による測定値との違いは、周波帯域の違いによるものと思われます。 (下記、「※ 参考情報」をご参照ください。)                  
  ◇  屋内について                   
   ・  電気製品、電子機器の傍では、原則として、計測を行わない。 傍で計測する場合でも、50cm以上離して計測する。 (内臓の磁性体等が影響する可能性が考慮されます。)                  
   ※   50cm未満は、「参考」情報として、「記録用紙」に記載してください。 ただし、「参考」情報は、「重要ではない情報」を意味するものではありません。 あくまでも、統計処理上の問題です。                  
   ・  可能な場合は、コンセントを外す。 特に、AC/DC変換アダプターは、一般に、影響が大きい。                  
   ・  壁にある、コンセント用のソケットや、電灯用のスイッチは、影響がほとんどないことを確認済み。                  
   ・  よほどの磁束が懸念される場合のみ、壁の内部にも、考慮が必要です。 (ex.電線が、十数本、束になっている、等。)                  
   ・  電子レンジの使用中は、50cmでも影響を排除することが不可能でしたが、家の外壁を通す程ではないことも確認済み。                  
  ◇  屋外について                   
   ・  高圧電線や電波塔の傍は、一般に、影響が大きいことが知られているので、「記録用紙」コメント欄に、特記しておく。                  
   ・  工場やゲームセンター等の傍では、電線が多数、束になって使用されていたり、電気溶接をしていたりするために、注意が必要です。              (一般の家庭では、あまりない状況です。)    
  ◇  方位磁針のメーカー側のアドバイスとして、下記の条件を確認しました。 (上記と重複あり。)                   
   ・  計測の際は、電化製品や金属類の影響がない、より自然界に近い環境で使用する事。                  
   ・  複数の方位磁針を使用する際は、最低でもコブシ一つ分の間隔で設置する事。 (磁針同士の接触によっても乱れが生じる。)                  
   ・  自動車や電車等の乗り物は鉄の塊なので、磁針の計測に乱れを生じる可能性がある。                  
   ・  正しく使用するには手のひらの上で使用する事。 (複数の方位磁針を使用する際は、厚紙などに張り付けて使用する。)                  
   ・  磁針が乱れる場合、その原因をつきとめる事。 (その原因となっている物、あるいはそうだと思われる物に近づけたり、離したりして、確認する。)                  
 ② 「測定ボード」について                    
  ・  方位磁針を固定する台紙として、コルクボードを用意しました。(約25㎝×約35㎝(外枠がA3サイズ):(株)キャンドゥ社)                   
  ・  方位磁針は、各ボードに6個ずつ使用します。 (検証チーム用に、9個ずつの台紙も用意。)                   
  ・  検証が可能なように、各方位磁針には、発番をしますので、ご自身で調達された場合には、お申し出ください。             ≪例≫      
  ・  番号は、ボードを縦方向に使用し、左上から右へ、上から下へ、と配置します。               ① ②  ( ③ )   
  ・  ボードは、上方向を北側とします。 (記録の記載時に使用。)               ③ ④  ~   
  ・  方位磁針の保管時には、高温や、強い衝撃や磁性体にご注意くださいとのことです。               ⑤ ⑥  ( ⑨ )   
  ※  こちらで用意しました方位磁針(オイル式:「方位磁針No.1~100」)につきましては、                   
   保管上、輸送上の関係から、念のため、1週間以上、平らな所に距離を置いて安静化させた後、作動状況をご確認後、ご使用ください。                   
  ※  コルクや木製のボードは、電磁波の、有効な遮断効果は認められないことを確認しました。                   
 ③ 写真について                    
  ・  写真は、発番し、「記録用紙」に記載をしてください。                   
 ④ 「記録用紙」について                    
  ・  「記録用紙 No.」には、<「測定ボード」の番号-(ハイフン)各計測者(チーム)の通し番号>としてください。                   
  ・  「場所」には、詳細な住所を記載しなくても結構ですが、可能な範囲で、概略の場所をご記載ください。                   
   「大田区南雪谷、杉田宅」等、町がわかるようにするか、あるいは、「東急池上線雪が谷大塚駅より北5分の公園」のように、お願いします。                   
  ・  「方位」は、ボードの北(上)側が向く、地図上の方向です。 (時刻と日陰の方向と長さでも、判断が可能です。)                   
  ・  「TFM」を、トリフィールドメーターの測定値とします。 (使用者が多いので。)                   
 ⑤ 計測器について                    
  ・  トリフィールドメーター以外の計測器については、機種等をご記載ください。記載上の略号を決めて頂いて結構です。                   
 ※ 参考情報    【トリフィールドメーターでの磁場の測定値】        【9個の磁石での測定】              
   ・  ラジオのアダブター・・・100mG    ・  ラジオのアダブター・・・異常なし             
   ・  パソコンのアダブター・・・2mG     ・  パソコンのアダブター・・・異常なし             
   ・  パソコン本体・・・2mG    ・  パソコン本体・・・9つ中5つに乱れあり             
   ・  電気シェイバー・・・35mG    ・  電気シェイバー・・・近づけた1つのみ、乱れあり             
   ・  電子レンジ・・・100mG    ・  電子レンジ・・・9つ中1つに乱れあり     ( ※ 各、機種等によって、違いがあります。 )        
5. 今後の調査計画                     
 ① 被害者宅内での電磁波の強さを検証するために、虫ピン等を使用した調査を実施する。 虫ピン等を消磁した上で、柱などに、等間隔で刺しておき、磁化されるかどうかを、コンパス等を使い、観測する。                    
 ② トリフィールドメーター等、市販の計測器が対象としている周波帯以外の周波帯の電磁波を検証するために、研究機関等との共同調査を実施する。 あるいは、測定機器類を借用し、調査する。                    
                      ― 以上 ―




<参加希望の方、ご連絡下さい>

検証ボードにはすべて番号が決められています。
調査方法、記録用紙、記載例を送らせて頂きます。
この調査は開始されたばかりですが、メデアに全国に広がる不可解な現象を取り上げてもらう事が一つあります。
被害者800人以上報告される中現在参加している人は800人には満たない、自分の為だと行動を起こして下さい。


























関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.07/02 09:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.11/01 01:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.11/01 02:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

髭

Author:髭
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

ご意見・ご感想はこちらから

集団ストーカー電磁波問題その他ご意見はこちら迄!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。